ジャニーズ衰退の兆候っ!

最近、ジャニーズタレントのバラエティ、ドラマや映画の成績が芳しくありません。
キムタクは映画で初めての爆死、ドラマでも後輩の山下の夏の超死粋月9のコード3に惨敗といい所がありませんし、嵐はお正月の桜井&長澤まさみのドラマが一桁、相葉一桁、桜井一桁と大爆死を続けております。
映画でも嵐の大野と岡田はなんとか夏休み映画で24,5億を稼いで面目を保ちましたが、所詮、小栗の銀魂、新人女優のキミスイに惨敗しており、秋映画でも瑛太のオリジナル卓球映画に嵐の松本と二ノ宮、生田、丸山が惨敗しています。
映画でもドラマを見回してみてもジャニーズタレントの優位性は無い様に思われますし、もともとジャニーズがコレだけ芸能界で権力を持ったのは、ジャニーズの歴史の中においてもスマップという突然変異のタレントがドラマ、バラエティで高視聴率を連発したからであり、今の嵐、関ジャニ、その他では見る影も無いのですが、まだメリー、ジュリー親子が芸能界、テレビ界、映画界でやりたい放題です。
プロ野球だって毎回お客さんは4万人前後の集客力があるのにテレビで視聴率が昔ほど取れないのでオワコン扱いされていますし、宝塚だって熱狂的なファンは多いのでしょうが、テレビで高視聴率は取れません。
そう考えると確かに嵐をはじめとするジャニーズタレントはCD売り上げやコンサートの動員ではすごいのかもしれませんが、ことテレビ、映画となるとありがたがる必要などは無く、巨人軍や宝塚の様なものであり、全盛期のスマップほどの力は無くなって来ているのでジャニーズの終焉も近いという感じです。

おすすめ⇒加圧インナー メンズ オススメ